コラム

過労死とは。労災保険の認定基準から考える。

のびのび幸福になる労働相談室室長のnobisukeです。

電通の過労死事件を発端に、近年日本では過労死防止対策を重要施策にあげています。

あなたは過労死の定義をご存じですか。

なんとなく、たくさん働きすぎて死んでしまった、くらいのイメージなのではないでしょうか?

実は過労死については、労災保険で認定の基準が定められています。

実際にご自身がこんなことになるなんて想像もしたくないと思いますが、なってからでは遅いのであらかじめ確認して万が一の事態に備えましょう。

生存していても基準は同じ

過労死、過労死と言葉はよく聞きますが、亡くなられたのか、生存されているのかは実は認定の基準には関係ありません。

つまり、厳密には労災保険上の認定基準で、「過労死」の認定基準というものは定められていません。

「過重労働を原因とする疾病(病気)なのか、そうではないのか」を判断する基準はありますが、亡くなられたのか、生存されているのかは結果論にすぎません。

現在、労災保険制度上で過重労働を原因とする疾病の認定は大きく分けて「脳疾患、心臓疾患」及び「精神疾患」の2種類です。

例を挙げると、電通事件の場合は、

  1. 過重労働(+パワハラ)
  2. 精神疾患発症
  3. 精神疾患により自殺

という流れです。

それ以外にも

  1. 過重労働
  2. 脳梗塞発症
  3. 一命はとりとめたが障害が残った

という事例もありえるということです。

以下、細かく見ていきましょう。

脳疾患、心臓疾患

対象の病気

脳疾患とは「脳梗塞」「くも膜下出血」「脳出血」等の疾患です。

心臓疾患とは「心筋梗塞」「心停止」「狭心症」等の疾患です。

認定の要件1

発症の直前から前日の間で対象の疾患を発症させてしまうような「異常な出来事」があったかどうか。

異常な出来事とは、業務に関連した重大な人身事故、重大事故の当事者になるなどして、極度の恐怖、緊張などの精神的負荷や異常な環境にさらされるなどの身体的負荷が伴う出来事に遭遇した場合です。

認定の要件2

短期間の過重労働があったかどうか。

発症の前の1週間の間に長時間労働や不規則な勤務があったかどうかですが、具体的な基準はないため明確な線引きはありません。

認定の要件3

発症の前の6ヶ月間に恒常的な長時間労働があったかどうか。

これが一番具体的でわかりやすい基準ですが、発症の前の1ヶ月間に100時間を超える残業があった、もしくは、2ヶ月から6ヶ月間の平均残業時間が80時間を超えた場合です。

上記3つの要件のいずれかに該当した場合、業務上の疾病として労災が認められます。

詳細についてはコチラ

精神疾患

精神疾患とは「うつ病」「適応障害」「急性ストレス反応」等が対象とされています。

過重な労働時間や過重な職場環境による極度のストレス(いじめ、パワハラ、セクハラ含む)により精神疾患を発症させてしまった人が対象です。

認定の要件1

発症前6ヶ月間に業務上の事故などで生死に関わる、永久労働不能となる負傷をした、業務に関連して他人を死亡させた、強姦された、1ヶ月間に160時間を越える残業をさせられた等の特別な出来事があった場合。

認定の要件2

具体的な線引きはありませんが発症前6ヶ月間に仕事に関連して精神的負荷が「強」と認められる出来事があった場合。

重度の後遺症を残すような負傷をした、退職を強要された、ひどいいじめ、パワハラ、セクハラを受けたような場合が該当します。

上記2つの要件のいずれかに該当した場合、業務上の疾病として労災が認められます。

詳細についてはコチラ

まとめ

以上が脳心臓疾患、精神疾患になったばあいの労災保険で業務上の疾病として認められる要件です。

過重労働(過労)が原因で、上記のような業務上の疾病になってしまった結果、不幸にも亡くなってしまったような場合を「過労死」といっています。

万が一にもこのようなことにならないように、今一度ご自身の仕事を見直していただいて、あまりにも過重な労働をさせるようなブラック企業から早く逃げましょう。